船に乗ってきました⛴

おひさしぶりです。2回生の西田です。
もう秋新歓の時期ですね🍁
わたしは去年の秋新歓で入部したので、もうすぐ1年が経ちます。早いですね。
今年の秋新歓でも入ってくれたらなあと思っています。

私事ですが
今年の夏は船に1ヶ月乗ってきました⛴
一言で言うと楽しかったです✨
大変なこともあった気がしますが、嫌なことは積極的に忘れるタイプなのであまり覚えてないです
(´∀`*)

休みの日はあるのかとよく聞かれるので、休日についてお話しします。
休日はあります。わたしは小樽、横浜、東京で自由時間がありました。
寄港地では大したアクシデントはありませんでしたが、あえて言うなら、財布のお金を使いきって銀行でお金を下ろそうと思うと、暗証番号が違うと言われて顔面蒼白になったことです😱
窓口で何度も試してみましたが、結局思い出すことはできませんでした。見知らぬ土地で一文無しになるのはとても怖かったです(T_T)
横浜についた時に東京にいる家族にお金を貸してもらいなんとかなりましたが、小樽でたくさんお土産を買う予定だったのにお菓子1箱しか買えなかったことが心残りです。

あまり船の話はできませんでしたが、いろんなことがあったのでまた機会があればお話ししたいと思います。

次は坂下さんが日本丸の思い出について語ってくれます(o^^o)
スポンサーサイト

夏休みを終えて

皆さんこんにちは。一回生の柴崎です。十月に入り少し肌寒く感じる季節となった中、三回目の投稿をさせていただきたいと思います。

思えばこの夏はフェンシングに関わっている時間が殆どでした。
神戸市中央体育館での練習や甲南大学さんとの合同練習では技の向上と弱点の克服を目指しつつ、部員・OBの皆さんや他校の選手の方々との親睦を深めていきました。大阪大学さんとの徳島での合同合宿、京都大学さんとの練習試合では初めてフルーレ・エペそれぞれの団体戦に参加し、個人戦とは違う戦い方の難しさを知ると同時に、自身の試合の動画を見ることでそれまでに気付かなかった多くの課題を認識することができました。国公立大会や関カレではできるだけ多くの選手の試合を見ることに徹し、少しでも技を盗めるよう努めました。そして、それぞれの大会が終わった後、長い間お世話になった二人の留学生の方の送別会を行いました。

本当に充実した夏休みでした。なので、これら多くの経験をしっかり活かせるよう先日西神戸杯に臨みました。しかし良い結果は残せませんでした。いくら多くの選手の良いプレーを見て頭で理解した気でいても、それを実際に体現できる域などには程遠く及んでいなかったのです。また、フルーレの動きとエペの動きが自分の中で混在していたこと、同じ失点の仕方に対する修正力が全く無かったことが敗北の原因となりました。

私事ですが本日十九歳になりました。心機一転、これらの反省点を意識しつつ一から練習中の動きを見直し、自分のファイトスタイルをしっかりと築きたいと思います。そして、練習の成果を存分に発揮し、一点でも多く得点できるよう二週間後の西日本新人戦に向けて励みたいと思います!

日に日に自分の中でフェンシングの魅力が増しています。楽しくて仕方がありません。
先日ふと手にしたスポーツ誌を見てみると、その一ページ目には世界選手権でメダルを獲得された西藤選手・敷根選手の記事が書かれていました。フェンシングが私達にとってより身近な存在になったのだと嬉しく思いました。頭と体、己の全てを駆使して戦う。そして得た一点が個人の一点となり、またチームの一点ともなる。そんなフェンシングの素晴らしい魅力に一人でも多くの方が気付き、秋新歓に足を運んでいただけたらと願って止みません。

話題が転々とし大変長い文章となってしまいましたが、最後まで御覧いただきありがとうございました。

関カレ in豊橋

皆さん、こんにちは。1回生の十一健太です。今回は愛知県豊橋市で行われた関西学生フェンシング選手権のことに関して書きたいと思います。まず、思ったことは「関西」なのに愛知県で行われるということについてです。一瞬、愛知県って関西なんかなーと考えたりもしましたが、さすがに違いますよね(例年は京都でやっていたそうですが、諸事情により使えなかったそうです。)
さて、私がこの大会ですごいと感じたことのうちの一つは、JPNのユニフォームやメタルジャケットを着ている人の数が劇的に多いことです。一瞬でこの大会が超ハイレベルなものであると分かり、正直、びびってしまいました。そんな中でも先輩方は奮闘され、着実に結果を残されていたので、さらに立派に感じました。私は今回が初めての個人戦で、フルーレ剣の武器検査に引っかかってしまうというトラブルに見舞われたものの、結局、1回も勝つことができませんでした。悔しいです。4-5で終わってしまった試合もあるのでなおさら悔しいです。まあ、まだ始めて4か月程なので当然の結果ですが、今回ダメだったところ(ファントやフットワークなど)を洗い出してこれからの練習にいかしたいと思います。これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

国公立戦が終わりました

一回生の国友です。六日間にわたる国公立戦が終わりました。僕はサーブルの試合に少しだけ出させてもらいましたがまだまだ点数が取れずに終わってしまうのが多かったです。ただ一回生は普通は試合に出れないらしいのでいい経験になったと思っています。また、めちゃくちゃ上手な人の試合を沢山観ていい刺激を受けました。最終日にあったレセプションでは始めは何をするのかと思っていたのですが、各大学の主将さんの挨拶(我らの宮崎さんが素晴らしいをして頂きました。)では、フェンシング部を創部しましたというような人が結構いてシンプルに尊敬しました。部員が少ないながらも頑張っている他大の人もいて、ふと絶望的な部員数で頑張っていた自分の高校時代が思いだしました。もっとフェンシングの競技人口が増えることを祈るばかりです。挨拶とミス・ミスターの発表が終わると、食事をしながら阪大と京大、その他の大学の一回生同士で会話をして仲良くなりました。個性豊かな人が多くとても楽しいひとときを過ごしました。
次は阪大神大合同合宿に行きます。四日間でフルーレとサーブルのスキルを高めるように頑張りたいと思います。

ぼちぼち。

皆さん、こんにちは。渡邉幹です。ここ最近すごく暑いですよね。僕も疲労が溜まり、毎日がどこか重たいです。体調管理、気を付けたいです。だからと言って、エアコンをガンガンにきかすと、地球温暖化を促進してしまい、ますます気温が上昇してしまうので、どうすればいいんだって常日頃考えながら過ごしています。ですが、僕がそれ以上に心配しているのは異常気象です。台風でもないのに、大雨警報や洪水警報が出たり、急に豪雨になったりと、何か嫌な予感がしてなりません。このような状況が続くと、生態系にも影響が出る可能性もあり、心配です。農学部に入ったのも、このような事象を研究するためなので、頑張りたいです。
さて、フェンシングの話になりますが、練習をしていて思ったのは筋トレが足りないということです。なのでいろいろと安定せず、目では分かっていても腕(細かく言えば手首)の動きが追い付かず、悔しい思いをしてばっかりです。夏休みは筋トレを頑張りたいです。