気づいたら思いのほか長くなってしまいました。

どうも、次期2回生の相川です。
すでにパソコンに向かって30分ほど経過しておりますがいまだ書くことが思いつきません。書くことがなければ無理にでも書く必要はないのですが、ブログを書いた人が次に書く人を指名する制度が新たにできたため、指名された僕は書かないわけにはいきません。ぼくは前のお二方のようにゲームやアニメやマンガに興味がありません。映画も観ません。映画って長いじゃないですか。集中力が続かないんですよね。それで飽きてきて話の流れが分からなくなって・・・ってな感じです。逆のパターンもあります。すなわち話の流れがつかめなくなって飽きて惰性で観て終わるパターンです。
 そんな自分ではありますが唯一まともに観た映画があります。『スターウォーズ』です。ハリーポッターシリーズですら1、2、4までしか続かなかったのですが(3話のアズガバンなんちゃらは特に理由もなく観ませんでした。)、スターウォーズは1話~6話すべて観ました。特に好きなのがエピソード1ですね。あれを観たのは小学校に上がる前くらいだったと思います。それまでのスターウォーズには登場していなかったバトルドロイドやライトセーバーには衝撃を受けました(そういえばフェンシングの種目の一つであるサーブルの動きは、斬るという面で3種目の中で一番ライトセーバーっぽいです。)。話的にもエピソード1は全6話の中で際立って重要な作品であると言えます。アナキンスカイウォーカーと共和国の出会いはもちろんのこと、アナキンとパドメの出会い、R2-D2の登場やクワイガンの死など、銀河系の体制を大きく左右することになる重要な要素が詰まっています。そのなかでも個人的に最も好きなシーンはアナキンがジェダイ評議会にかけられるシーンです。アナキンを弟子にしたいというクワイガンの申し出に対し、ジェダイ評議員たちは難色を示します。評議員一同、目の前にいるアナキンという少年にジェダイとしての才能を感じながらも、彼に宿る愛情ゆえの恐怖心を無視できないのでした。ここでのヨーダをはじめとするジェダイ(銀河系の守護者でライトセーバーを扱う者)たちの発言は、作品的にはアナキンがジェダイからのちにフォースの暗黒面の力を使い、銀河系を恐怖で包み込むダースベイダーへと変貌するための伏線であり、またそれを示唆するものとなっています。
 強引に話をフェンシングに戻します。フェンシング部では現在一緒に戦ってくれるジェダイを募集しています。新勧期は体験会や食事会などを予定しておりますので、ぜひ一度参加してみてください。部員一同心よりお待ちしております。
 さて、次回ですが次回も高橋君です。彼は「次回は絶対にない」なんて言っていましたが、ふりに違いありません。彼は筋金入りの関西人ですのであんなあからさまなふりをされたら逆にふらないほうが失礼です。
 ですがそんなことをしたら今度は自分にリポストしてくるに違いありません。彼にはまたそういうところがあります。そこで次期2回生が続いたので、次は次期3回生の山本先輩です。山本さんもまた関西人ですのできっともっと面白いブログを書いてくださるでしょう。前座の相川からは以上です。

スポンサーサイト

友達がいないのも個性!

こんにちは
タイトルで誰かお分かりかと思いますが、そうです高橋です
みんなちがってみんないいんだ!


そんなことよりも、
新入生の皆さん御入学おめでとうございます
四月三日・四日には新歓祭があります
各部活、サークルの新歓イベントは友達を作る良い機会なので、色々なイベントに参加してみてください、僕が言うのもアレですが
フェンシング部も体験会等企画していますので是非参加してください


フェンシングについては他の部員が紹介してくれると思うので僕からはしません
かわりにフェンシングを題材にした本を紹介します
「Let it BEE!」(電撃文庫)という本なのですが、あらすじは、先端恐怖症の少女が廃部寸前のフェンシング部に入部し……といった感じです
フルーレを取り上げていて、ルール等大体わかります
気になった方は読んでみてください、ラノベレーベルですが


さて、話は変わりますが今日は(もう昨日ですが)、後期の成績発表日でした
僕は無事フル単!とはいかず一つ落としました……
しかも法学部なのに憲法を落としました

いや、違うんですよ
僕がバカだから落としたとかそういうのではないんです
ちゃんと一夜漬けしたんですよ

ではなぜ単位を落としたのか

試験の開始時間を間違えました

あの衝撃はしばらく忘れられないでしょう
時間間違えるとかバカですね
すみませんやっぱりバカでした
こんなことにならないように気をつけてください
悲しい思いをするのは僕だけで十分です
時間返せ


最後になりましたが四回生の方々御卒業おめでとうございます
より一層のご活躍を期待しております
フェンシング部の練習にも是非いらしてください
よろしくお願いします


では今回はここまでにしたいと思います
主将に指名されたので次回はないと言いつつ今回は書きましたが、
もう絶対書かない、絶対に!


次も次期二回生が更新します
きっと面白いブログを書いてくれることでしょう
ご期待下さい

近況

僕が更新するのは久方ぶりのこととなります、
神戸大学フェンシング部2回生加藤と申します。

主将になって初めての更新なのですが、まだ主将として
真っ当に、的確に、堂々とは振る舞うことも、1回生をまとめることも
上手くいかず慣れることがなかなかできません。けれども、新歓の時期になったので、
胸を張って主将と言えるようにできればと精進する限りです。

僕はエペを専門としてますが、あんまうまくはいきません。
どうすれば一つ一つの動きが点数に直結するかを模索中です。
フェンシングに関して自信を持って何か言えることはほぼほぼないと
思われるけれどもできるようになれればなと考えております。

ここからは個人的な話になりますが、最近の自分がしているゲームに関して
書きたいと思います。
最近はFROM SOFTWAREの『ARMORED CORE VERDICT DAY』通称ACVDをしています。
メカカスタマイズアクションというメカを自由に組み立て戦う・戦わせるゲームなんですが、
考えなければならない項目が多いのでなかなか難しいですが、そこが
面白いところでもあるので機体を組み立てているときも面白いです。
また、『ACVD』のFROM SOFTWAREが最近発売した違うゲームが気になるので、
少し遊ぶ機会が減ってしまいそうです。さらにその他気になるゲームも多くあるので困ります。

他事が多くなりましたが、これで終わりたいと思います。
ここまで読んでいただきありがとうございます。
新入生の皆様、体験会や見学などいらしてみてください。
それでは、次に更新してくれるのは高橋君です。
またその後も更新していくと思うので読んでやってください。ではでは

ご挨拶を

はじめまして。
秋から入部した岡本です。自己紹介がずいぶんと遅くなったことは、ご容赦ください。

 
まあ、他の一回生の二人も、春に入部して秋に記事を書いていますから、どっこいどっこいと言えるかもしれませんね…

話を戻します。僕は文学部の哲学専修です。
兵庫県南西部に位置するなぜか新幹線の停まる田舎町に住んでいます。

よく「なぜフェンシング部に入ったのか?」と質問を受けます。
(なぜこの時期に?) というニュアンスも含まれているかもしれませんね。

実際のところ、大した理由はありません。この場でご説明するのもためらわれるようなつまらないことなので、これについてはまた別の機会に。

最初は、遅れて入部したものですから、このスポーツの知識を補おうと考えていました。
そこで、とりあえずは関連本でも読もうかと思いたちました。
神戸大学附属図書館は、373万3千冊という日本の大学図書館の中でも9位の蔵書数を誇ります。
私がそのデータベースに入力したのは、たった一言「フェンシング」です。

5冊でした。
ヒットしたのはたったの5冊でした。
さすがに衝撃を受けました。

試しに他のスポーツでも検索してみました。

「サッカー」・・・2781冊
「野球」・・・497冊
「水泳」・・・189冊

随分な差ですね。
しかし、これらはいずれも日本ではメジャーなスポーツです。
次に、比較的競技人口の少ないスポーツで見てみましょう。

「ハンドボール」・・・22冊
「レスリング」・・・22冊
「アーチェリー」「洋弓」・・・6冊
「アイスホッケー」・・・6冊

どうでしょうか?
僕はなんだか納得しました、、、

話は続きます。
では日頃の練習風景について。
必然かもしれませんが、部内に実力の近い人はいませんね。
要するに底辺です。

とはいえ、正直かなり恵まれた境遇だと感じることも多いですね。
誰もが僕にアドバイスをくれますし、分からないときは誰にでも恥ずかしげもなく聞いて教えてもらえます。
むしろ、僕とフリファイするときは、相手にとって得るものの少ない戦いになってしまいがちなのが申し訳ないです。
新技の実験台にでも活用してもらえればいいですね。

と書きながら、僕がこんな心配をすることこそ、思い上がりもいいところのような気がしてきました。
一丁前に周りに気遣ってないでとっとと上達しろって話ですよね。

なんだかんだ言って練習は楽しいです。
どの種目の日もとても楽しいです。
新入生さんがたくさん入部してくれたら、きっともっと楽しくなるでしょう。

というわけで、今年の新歓では、ぼくも担当の一人です!
春にはこのブログやTwitterなどから、積極的に情報を発信していく予定です!

まあ、僕が更新しなくても、文才溢れる他の次期二回生の二人がどんどん書いてくれるかもしれませんね!!

それでは次回も書き散らします。