新1回生自己紹介

はじめまして。神戸大学フェンシング部に新しく入部しました、経済学部1回生の白川大介です。静岡出身です。中学高校と水泳部に所属してました。趣味は切り絵です。
今まで色々な新歓でこれと同じような自己紹介をしてきましたが、実際に文章で見ると驚くほど短いですね。これで自己紹介終わりとしてしまうと流石にマズい気がするので、一部をもう少しだけ掘り下げていきたいと思います。最後までお付き合いいただけたら幸いです。

まず部活についてですが、上に書いた通り、6年間ずっと水泳部でした。フェンシング経験は皆無です。そんな僕がなんで神大フェンシング部に入ったのかといいますと、なんとなーく行ってみた体験会で、面白いなぁコレと思ったからです。あとは、なんとなーく大学では新しいこと始めたいなぁと思っていたからです。そんなもんです。
そもそも中学で水泳部に入ったのも、屋外プールは夏でも涼しそうだとか、冬は部活無いのではないかとか思ったからでした(現実には、夏は水温が高くなるので特に涼しくもなく、冬は筋トレとして走らされましたが)。行動の動機の適当さには自信があります。
こんなことばかり書くと不真面目な人間だと思われそうですが、始めたことはきちんと最後までやるつもりです。フェンシング楽しいです!

次に趣味の切り絵についてですが、皆さんは切り絵をやっている人の姿が想像つくでしょうか。机に向かって、ただ黙々と紙を切っている。大体そんな感じの映像が思い浮かんだのではないかと思います。もちろんそれで正解です。合っています。ただ、どれぐらいの間切り続けるのか分かる方はいらっしゃるでしょうか。これに関しては個人差が大きいとは思いますが、僕の場合は大体A4サイズで6~8時間ぐらい切り続けます。時々トイレや食事等で休憩を挟むこともありますが、それでもほとんどぶっ続けで切りまくります。カッターを持つ手が痛くなります。が、それでも切ります。
何が僕をそこまで駆り立てるのかとお思いになる方がいらっしゃるかもしれません。まぁいらっしゃらなくても書くのですが、すべてはその作業の後に、その制作物を破り捨てるためです。
ドン引きですね。よく言われます。
一応破り捨てる理由を書いておくと、長い時間をかけて作ったものが一瞬で消えてなくなるのが面白いからです。
個人的には花火も似たようなものだと思っているのですが、未だかつてこの感覚を誰かに理解してもらえた覚えがありません。理解してくれる人募集中です。

そんなこんなで駄文を書き連ねているうちに、いい感じの文量になったのではないかと思うので、ここで僕の自己紹介を終わりにしたいと思います。文章に起承転結をつけるというのは素人にはとても難しいことなのだと思いました。

次も新1回生の自己紹介です。
最後まで読んで下さりありがとうございました。
スポンサーサイト

またまた建築

こんにちは!2年になった矢橋です!新入部員が今の所、男3、女1で入ってくてました!新歓副責任者として、そこそこの責任は果たせたと思ってます。

今回も前回と同じく建築の話になりますが、最後までお付き合いくださいなm(_ _)m
というより、ほかに話題がないんです。。。

さてさて、
2年になってやっと勉強が専門的になってきました。そして、前期から「設計演習」が始まりました!!本当に建築が好きな人にとっては、待ってました!という感じだと思うんですけど、僕はなんとなく建築を選んだので、めんどくせ〜というのが本音です笑 
内容も今のところ図面のトレースだけなのでほんとに面白くないです笑 しかも提出期限も作業量と比べるとかなり早い。はじめの課題は、ある校舎の平面図のトレースだったんですけど、期間は1週間。僕の場合、25時間かかりました。25時間ですよ!どう考えても1週間でやれる量じゃない。。。多分スピードとしては平均的な方だと思います。土日はしないスタイルなので、平日平均5時間。部活バイトもあるのにこれだけしないといけない。普通に考えて無理です。なので空きコマはもちろん、部活後にやったり、終バスまでやったりしてなんとか終わりました。徹夜でやってる人もいたなぁ、、、
建築は忙しいとはずっと聞いてきましたが、今それを肌で感じています もうやってられないですねぇ

ただ、いいこともあります。みんなずっと製図室にいるので必然的に周りの人と仲良くなるんです。あまりしゃべらなかった人ともちょくちょく話すようになりました。仲よかった友達とはより親密になり、晩ごはんも食堂ですが一緒に食べる機会が増えましたね。

そして、トレースは5月で終わり!翌月からは事務所の設計が始まります!創造力が試されますが、なかなか面白そうな感じはしてます まだどんな感じにするか全く決めていないけど、いろいろ見ながら面白いのが思いつくといいな〜いいのができれば報告します笑

うだうだ書いてもあれなので、今回はここら辺にしておきましょうか
次は勝田君が書いてくれますよ〜!

同期のY橋君に言われてブログを書くことになった二回生の土井です。

新入生の皆さんは大学生活に慣れてきたでしょうか? そのうち力をいれるべき授業とそうでないものの違いが分かるようになると思うので、それまで頑張ってください。


下宿し始めて一年経った今も三宮などには滅多に行かず、家に引きこもっているだけなので、周りに何があるだとかは殆ど分かりません。ですが、兵庫県に住んでいるのだから行ってみたいなという所には行きます。
その一つが甲子園です。

熱狂的ではないものの一応阪神ファンなので、たまに甲子園まで行って応援します。

甲子園は阪神電車に乗り、甲子園駅で降りてすぐのところにあります。甲子園内で飲食すると高いので予め買っておいた方がいいでしょう。ビールなどは700円ほどしたので、買っておけばと泣きそうになりました。


さてよく阪神ファンは、やばいと言います。優勝して道頓堀に飛び込むなんて、正気の人間のやることではないと。
実際に、甲子園で応援している人たちはというと…


まあ、やばいです。
勝って、得点を入れたときは横の知らないオジサンがハイタッチを求めてくるぐらいですが、逆にピンチを作ったり序盤の大量失点でほぼ試合が決まった時は、男女関わらず叫び、選手や監督に罵声を浴びせ、もしのほほんと座っていようものならこちらを睨んできます。訳が分かりません。
無難に風船を飛ばしておけばよいというわけではありませんでした。阪神サイドにいる限りきっちりと応援しましょう。

しかし、応援しているチームが勝つのは見ていて非常に楽しいです。
皆さんもぜひ、贔屓チームの応援にスタジアムまで行ってみ下さい。


甲子園は高校野球でも使われますが、大学に入ってから見に行ったことがありません。地元のチームが初戦で敗けるので見に行く気にもなりませんでした。夏の暑い中、今年は行ってみたいです。




何とか話を絞り出したつもりなので、これで終わります。

次は新入部員か矢橋君が書いてくれると思います。出来れば、新入生の見本として彼にも書いてもらいたいものです。
楽しみにしましょう。