引き続き自己紹介をお送りします

自己紹介文
こんにちは、このたび2014年度に入部しました。経済学部一回生の勝田将基です。前回のブログで矢橋君が洋楽の話を書いてくれたので僕は好きなクラッシック音楽をいくつか紹介します。僕は世界史が好きなので特にドイツやオーストリアの歴史にまつわるような曲が好きです。

例えばオーストリアのヨハンシュトラウス二世がプロイセン・オーストリア戦争に敗れたオーストリアの国民を慰めるために作曲した「美しき青きドナウ」これは毎年ウィーン・フィルによって毎年1月1日に演奏されるコンサートの定番曲であり、日本でもよくCMなどにも流れているので聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。

次に紹介する曲はハイドンの「皇帝」という曲の第2楽章です。これは現在ドイツ国歌のメロディです。ドイツの国歌は、ワールドカップを見ている方はよく耳にすると思いますが、弦楽で聴くと同じメロディでもこんなに違うんだとおもうくらい美しい曲なのでぜひきいてみてください。

さて僕のフェンシング部の入部動機ですが、中学時代僕が通っていた塾が定期的に配るお便りに偉人紹介コーナーがありまして(覚えている限りでは野茂英雄や杉原千畝などが特集されてました)当時太田雄貴選手が北京オリンピックで銀メダルを獲得したことで脚光を浴びていたころで太田選手の記事が載っていました。


ぼくがひかれたエピソードはある日太田選手のお父さんが当時小学生だった太田選手に3000日欠かさずフェンシングの練習をすることを条件にファミコンのソフトを3本買ってあげたそうです。すると太田選手はフェンシングに打ち込み、中学校の林間学校の時剣を忘れてしまい、お父さんに剣を持ってくるよう電話しました。お父さんは学校の先生に許可を取って太田選手の練習を見てあげたそうです。その後太田選手は3000日練習を達成したのちも毎日練習し、現在に至ったそうです。

この話から僕は、フェンシングには人を夢中にさせる何かがきっとあるんじゃないかと思っていずれやってみたいと思い続けてたら大学にフェンシング部があったので、これ幸いと入部しました。

今はまだ技や仕事を覚えるのが大変ですけど、いずれは自分が強くなるとともに先輩方の力になれるようがんばりたいです。長くなりましたが、次の新入部員の自己紹介にもご期待ください。それでは読んでくださった皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL