新1回生自己紹介④

 初めまして、神戸大学フェンシング部に入部することになりました、法学部法律学科1回生の宮崎浩之です。
いよいよ僕が新入生自己紹介ラストということで、若干ハードルがあがった感は否めないですが、そこはあまり意識せずに自己紹介を始めていきたいと思います。今回僕が皆さんにお話したいことは2つあります。この部活に入った経緯と神戸大フェンシング部に対する印象です。
 僕は初めからフェンシング部に入りたかった人ではありません。実際、4月の後半頃までフェンシングのことは全く頭にありませんでした笑。もともとある体育会系の運動部Aに入部することを入学前から決めていて、新歓もそこ以外はあまり参加しませんでした。しかし、新歓や体験会でA部についていろいろ細かいことを知るうちにこの部活でやっていくのは難しいなって強く感じたんです。そこで、いい機会だと思い、他の部活にも目を向けてみようということで、本格的に部活探しを4月後半からスタートさせました。しかし、いざ自分にあった運動部系の部活を探すのは難しく、なかなか見つかりませんでした。完全に路頭に迷ってしまったのです。そんな折に、国文の掲示板でたまたまフェンシング部のチラシを見つけ、興味を持ちました。というのも高校時代の元担任の先生が高校、大学とフェンシングをされてて、よくフェンシングのお話をされていたのを、チラシを見た時に思い出したのです。そこで国文の体育館に行き、O先輩からいろいろお話を伺い、実際に体験してみて、「フェンシング楽しい」と感じ条件的にも続けられそうだったので迷わず入部を決めました。以上が僕がフェンシング部に入部することとなった経緯になります。
 次に、現時点での部活に対する印象、思いについてお話ししようと思います。生まれてこの方、体育会系の部活動に所属してこなかった自分にとって、日々の練習はかなりきついですし、毎回大変です。先輩方は、いつもそのうちできるようになるからと僕を励ましてくださるのですが、このどんくさい僕がいったいいつになったら上手になるのか、いつも不安だらけです。何度やってもマルシェ、ロンぺの際の引き足の遅さは一向に改善されませんし、レッスンで先輩が指導してくださったことをファイトでなかなか生かすことができません。いくらフェンシングは初心者が多いからスタートは同じだとしても(今年はN君のような経験者が入部しましたが),1回生の中で一番遅れているのは自分だという自覚はあります。高校時代の自分だったらそろそろギブアップして辞めていたと思います。しかし、毎時間大変な思いをしていますが、辞めたいとは一度も思ったことはありません。おそらく、大変でもやってて心から楽しいと思える部活だからかもしれません。、2、3回生の先輩方は皆さんとても素敵な方たちばかりで、レッスンとかでも何回もミスする自分に丁寧に指導してくださいます。自分には学部は違えど、一緒にいて楽しいと思える同じ1回生の仲間がいます。すごく居心地がいいんです。それを思うと、路頭に迷っていたあの時、偶然にもフェンシング部のチラシを見つけた自分はやっぱついてるなとか思ってしまうわけです笑。
 気づいたらものすごく書いていました、、、、今回はこの辺で失礼させていただきます。僕個人のことは今度ブログを任せられたときにでもお話しようと思います。最後になりましたが、こんな自分ですがこれからもどうぞよろしくお願いします。最後までお付き合いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL