国公立戦

こんにちは。1回生の白川です。
前回の更新で宮崎君にやたらとハードルを上げられましたが、高いハードルは飛び越さずにくぐるのもアリなのではと思ったので、あえて真面目に19~24日に行われた国公立戦について書きたいと思います。
面白い話はいつか宮崎君本人が書いてくれるでしょう。ご期待ください。

国公立戦は、未経験者である僕にとって初めての大会ということで新鮮なことがたくさんありました。そのすべてはとても書ききれないので、印象深いものを2つ選んで書いていきたいと思います。

まず第一に大会期間が長いということです。
自己紹介の時にも書きましたが僕は水泳部でした。水泳の大会は長くても3日程度で終わっていたので、6日間という長丁場はなかなか疲れました。勿論試合で戦っていらっしゃる選手の方々は、出場していない僕(と宮崎)の比ではないのでしょうけれども。
新人戦までに体力をつけてしっかりと大会を最後まで生き抜けるようにしたいです。

第二に、当たり前のことではありますが、上手い選手がたくさんいることです。
未熟者の自分からすれば神大の先輩方ですら果てしなく強く感じられるのに、それを上回る選手が山のようにいて、大変に刺激を受けました。インカレや国体に出場した選手やJPNの3文字を背負う選手の戦いを間近で見ることが出来るのは、なんかこうすごかったです(語彙が貧弱)。
普段指摘を受けている「マルシェを細かく」、「腰を低く」、「ポイントから突く」等々について、実際に様々な選手の方々の戦いを見て勉強になったことがたくさんありました。できることから自分の中に取り入れて上達していきたいです。

さて、国公立戦が終わってモチベーションは入部以来かつて無いほどに高まっておりますが、自分は今日から1週間弱帰省してしまいます。フェンシングやりたい欲を帰省中に強めて9月からの練習に精を出していきたいです。

次の更新は国公立戦で戦った誰かになることでしょう。そのことについて書いてくれるのか、はたまた面白い話を書いてくれるのか。こうご期待。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL