フェンシング部: 留学生の回想

こんにちは、

ドイツから来たザーラです!ハンブルク大学で日本学を勉強している四年生で、半年ぐらい神戸大学で交換留学生として国際文化学部で勉強しました。その間に、四カ月間ぐらい神戸大学フェンシング部に参加出来ました。初めての練習の前は、楽しみにしていましたが、緊張している気持ちもありました。私はフェンシングがあまりできなくて、問題かなあという不安も浮かんできました。
しかし、皆は私達に優しくしてくれて、お世話をしてくれたので、安心しました! 練習の時に、楽しいことや勉強になることなどがたくさんありました。 一緒にウォーミングアップしたり、フットワークしたりすることで、皆は本当にいいチームだと思いました。その上、レッスンも大変勉強になりました。
私はドイツでもフェンシングを少しだけやっていましたが、日本でもっと勉強して、フェンシングがもっと好きになりました。 私にとって一番面白かったのは東京での国公立戦です!そこで個人戦にだけではなくて、団体戦にも参加出来ました。負けてしまいましたが、いい経験だったと思います。
また、ドイツと違うことがたくさんありました。例えば、皆は団体戦の時に応援してくれることです。そういうことはドイツで禁止なんですが、実は応援することってとても良いなと感じていました。 国公立戦の時はホステルに泊まりました。そこで皆と日本語で話したり、ゲーム(特に人狼というゲームが好きになりました!!)をしたりしたので、楽しみの他に勉強もできました。
四カ月間神大のフェンシング部で練習が出来て、本当にありがたいです。私は何かわからないことがあっても、それをできるようになるのに時間がかかってしまうことがあったのですが、皆はそれに対して辛抱強く対応してくれました。

私達はもうドイツに帰りましたが、これからもフェンシングを頑張ろうと思っています。
また神大のフェンシング部で練習ができますように ~~

二人のドイツ人より 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL